読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fascinated with Tofu

豆腐に魅せられて

【雑記】La La Land 関連作品達で二次的に楽しんだ

雑記 Movie Music

もう一度言うが、「La La Land」を観てきた。感想はこちら。

www.fascinatedwithtofu.com

公開されてすぐから海外記事を漁っていたが、やはり元ネタ好きという人はいる。(後に彼らがミュージカルポリスだったのかなと気付いた話はまた別の話…)

参考にしていだけで楽しかったので、是非ネットさくさく環境+各種ストリーミング環境 (Youtube/AmazonPriime/Hulu/Netflix etc…) 片手に関連動画・音楽サーフィンをおすすめしたい。インタビューものやセルフコンテンツ系も多いがいずれも楽しい。

*こんなとき、Youtube の場合は広告をスキップ系 Chrome エクステンションが良い。「Adblock for Youtube」とか。

目次

ck.jp.ap.valuecommerce.com

Singin’ in the Rain / 雨に唄えば

ジーン・ケリー監督・主演
ミアとセブが偶然再会した LA セレブなプールパーティの帰り、プリウスまでのちょっとした時間で生まれた会話のシーンからわかりやすく街灯を使ってダンス。かの有名なシーンがわかりやすーく使われていた。

www.youtube.com

ついでにプールサイドのリクエスト曲「I Ran / A Flock of Seagulls 」もどうぞ。

www.youtube.com

West Side Story / ウェストサイド物語

ロバート・ワイズ/ジェローム・ロビンス監督
こちらも古き良きミュージカルの金字塔。 これに限らないが街のモブたちがダンス要員として集中している奇妙さとかって通じるものがある。

www.youtube.com

併せてクラシック・ジャズファンにはおなじみアルバム・タイトルとしてのオスカー・ピーターソン「ウェストサイドストーリー」は軽妙でキレキレすぎて、散歩やサイクリングに最高。車の運転はしないがドライブ中も良いに違いない。

ミュージカル系ジャズアルバムは多すぎて紹介しきれませんが、モンクの「Just You, Just Me」は結構好きだ。1939年のミュージカル「Marianne」の楽曲。「荒城の月」よりいい。

Les Parapluies de Cherbourg/ The Umbrellas of Cherbourg / シェルブールの雨傘

公開を記念して、日本には緑のドレスが上陸したらしい(@六本木 TOHO)。しかし、一番特筆すべきは黄色いドレスかと(すこしチープだが) 。 何故かと言うと、一つは雨に唄えばのレインコート、もう一つがシェルブールの雨傘ジャック・ドゥミ)だ。 残念ながら DVD のパッケージは黄色くないが、サントラ(ミシェル・ルグラン先生)は真っ黄色かつ映画の中ではカトリーヌ・ドヌーヴ演じるジュヌヴィエーヴが黄色いレインコートなのだ。 もう一つ、フラットをシェアしている女優を目指す友人たち?との外出シーン、こちらも原色が美しい!!

どうでも良いがフランス語は平文の台詞ですらすべてボサノバの歌詞に聞こえる。 www.youtube.com

Les Demoiselles de Rochefort / The Young Girls of Rochefort / ロシュフォールの恋人たち

同シーンは同じくロシュフォールの恋人たちの陽気な若者達の彷彿とさせる。陽気といっても60年代のフランスは学生運動や女性解放の機運が高まっていたため、時代を受けて敢えてゴージャスでトレンディにしている面もありそうだ。

www.youtube.com

最後に、私が一番好きなシーンは、二人の楽器の才覚が顕になるこちら。

www.youtube.com

広告を非表示にする